ナチュラルチーズとは

牛や山羊、羊、水牛などの乳を酸や凝乳酵素、熱などで凝固させ、水分を取り除いたものです。
熟成させていないものをフレッシュチーズといい、
熟成させるものはその熟成方法などによって呼び方が変わります。
原料の乳の種類や製造方法、乳酸菌やカビなどの微生物、生産地の風土、季節などによって
形も風味も大きく変わり、味が常に変化します。

盛り付けたチーズ

華やかな日常を

当店では対面スタイルでチーズを販売しております。
ご希望がございましたら、お客様のお好みやご要望を伺いながら、おすすめのチーズをご提案します。
チーズ選びのお手伝いだけでなく、食べごろを迎えたチーズのご紹介や、ご家庭での保存方法、より一層楽しめる組み合わせの食材やワインなどもアドバイスいたします。
初めての方も、安心してお越しください。

組み合わせ1

Fromages

フレッシュチーズ

水を切っただけの熟成していないチーズです。
水分が多いのでやわらかく、やさしい口当たりのものが多いのですが、酸味が強いものなどもあり、幅広い味わいも魅力です。
クリームチーズ、カッテージチーズなど料理やお菓子などにもよく使用されており、ピザやカプレーゼに用いるモッツァレラもフレッシュタイプのチーズです。
鮮度が味を左右し、すぐに劣化が始まるので早めに食べることが大事です。

フレッシュチーズ

シェーブルチーズ

山羊(やぎ)の乳から造られるチーズです。
特有の風味があり、好き嫌いが分かれますが、一度好きになるとやみつきになるチーズとして知られています。
若い頃はさわやかな酸味があり、熟成が進むと引き締まって深いコクが出てきます。造りたてのものから熟成したものまで、その時々の美味しさが楽しめます。

シェーブルチーズ

白カビチーズ

表面が白カビに覆われているタイプのチーズです。
牛乳を原料とするものが多く、表面の白カビがタンパク質を分解し、表皮から内部にかけてやわらかく熟成していきます。
日本でもよく知られている「カマンベール」が白カビチーズの代表です。
クリーミーで食べやすいものから、熟成が進んで香りも味も個性的なものまであります。

白カビチーズ

青カビチーズ

青カビを繁殖させて熟成させるタイプのチーズです。
ピリっと刺激的な風味のものから優しい味のものまで、実は幅広い種類があります。
なお、青カビタイプは塩分含量が他のチーズより高めです。
そのため、しっかりとしたワインや甘いお酒、フルーツとの相性が抜群です。

青カビチーズ

ウォッシュチーズ

表面を塩水や地酒で洗い熟成させるタイプのチーズです。
表皮はオレンジ色になり、独特の強い香りがする、個性的なものが多いです。表皮を取ると匂いほどクセはなく、しっとりと深い味わいマイルドなのものが多いです。

ウォッシュチーズ

セミハードチーズ

製造過程で水分を少なくし、硬めに造るチーズです。
保存性が高く、熟成の具合によって味わいも変化します。
ハードタイプよりも水分量が多いので、弾力があり、ややしっとりしています。

セミハードチーズ

ハードチーズ

セミハードタイプ以上に水分を取り除いて造るチーズです。
40度以上の熱を加えることでより硬くなり、長期熟成に向くチーズとなります。
酸味のあるものや、ナッティな味わいのものなど様々です。
同じチーズでも熟成期間によって風味が異なり、熟成が進むとアミノ酸が結晶化し、旨味が増します。

ハードチーズ

ナチュラルチーズとプロセスチーズの違い

一般的に、スーパーなどで売られているチーズの多くはプロセスチーズです。
ナチュラルチーズを砕き、加熱、溶解することで熟成を止め、再成形したもので、微生物が死滅している状態です。
それ以上熟成することはないため、保存が簡単で、いつ食べても味の変化がなく、味わいも穏やかです。
一方、ナチュラルチーズは乳酸菌やカビ、生産地の風土などによって形状も風味も大きく変わるのが特徴です。

熟成について

チーズの熟成とは、チーズに含まれるタンパク質や脂肪などが、微生物や酵素の働きによってアミノ酸や脂肪酸などに変化し、それまでにない風味や物性が作られていくことをいいます。
微生物や酵素が生きているので常に味が変化します。

美味しく食べるために

保存
食べきれなかったチーズも一工夫で、その美味しさを保つことができます。
チーズは乾燥が苦手なので、ラップなどでぴったりと隙間ができないように包んで
さらにジッパー付きのビニール袋にいれて冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

シェーブルタイプのチーズは、蒸れると独特の香りが強くなるので
切り口はラップで乾燥をふせぎ、全体にはゆったりとラップをかけるか、
蓋つき容器にいれて保存してください。

そしてすべて冷凍ではなく冷蔵で保存して、お早めにお召し上がりください。

ご購入いただく際に、チーズの個性や特徴に合わせたカットの仕方、保存方法など、
ご不明な点がございましたら、スタッフにお尋ねください。
カット
さまざまな個性を持つチーズ。
実はカットの方法1つでその美味しさも変わってきます。
なぜなら、チーズの熟成具合は場所によって異なり、味わいが変わるものがほとんどだからです。
形も多種多様なチーズを最適にカットすることで、よりチーズの美味しさを引き出されるのです。

例えば、カマンベールなどの円型のチーズは、放射線状に。サントモールなどの円柱型は、7~8mm程度の厚さで輪切りに。
ハードタイプは、薄切りにするとふわっと香りが口に広がり、厚切りにするとコクをより一層感じられますので、いろいろな切り方を試してみてください。
温度
チーズは温度で味わいや食感が大きく変わります。
そのため、お召し上がりいただく前に30分~1時間ほど冷蔵庫から出して、室温に馴染ませてください。
より風味や香りがひらいて、美味しく召し上がれます。

CHEESE PLATEAU

数種類を詰めあわせたチーズのセットをどうぞ。
そのまま広げて楽しめるので、
ご自宅でのパーティーやピクニックのシーンで
気軽に楽しめます。

ご予約は前日までにお願いします。
※プラトーに関しては、配送は受け付けておりません。
当店まで受け取りに来ていただ方のみのとなります。

TEL.0467-22-2418

CHEESE PLATEAU
3~4名様分 4種 ¥3,000~

最上部へ